■キャベツに含まれるビタミンUとは?


キャベツは、ビタミンC、ビタミンUが多く含まれていると言われています。ビタミンCはよく聞きますが、ビタミンUは、あまり聞くことが無いですね。では、このビタミンUとは一体何なのでしょう。

ビタミンUとは、アミノ酸の一種、メチオニンの誘導体の構造を持つビタミン様物質です。キャベツには、春キャベツで100gの中に3.2〜16mg含まれています。パセリ、レタス、ブロッコリーなどにも含まれています。 戦後アメリカでキャベツの絞り汁から発見されたもので、そのため、キャベジンとも呼ばれます。こう聞くと、薬の名前でおなじみですね。胃腸薬でおなじみの名前であることからしても、体に良い物質であることが分かります。

ビタミンという名称ではありますが、生体にとって必須な栄養成分ではないことから、正式にはビタミンではないと考えられています。 胃酸過多を抑え、胃粘膜の修復を助けて胃潰瘍を防止する働きがあることから、潰瘍を意味する英語、ulcerの頭文字をとってビタミンUと命名されたようです。胃の粘膜を健康に保ち、肝臓の機能を高めたり生活習慣病の予防の働きもしてくれます。

またビタミンUは、肝臓の新陳代謝を活発にし、肝機能を高める作用があるとも言われています。中性脂肪は肝臓とも深く関わっているため、肝機能を高めることは肥満防止にも大切となります。ここでも、キャベツダイエットの効果が分かるでしょう。 他にも、活性酸素を抑える抗酸化作用もあります。さらに、最近は新陳代謝を高める機能性なども知られ、他にも冬の間に溜め込んだ老廃物を排泄するには役立つ成分が含まれています。

水溶性で、熱に弱い特徴があるため、キャベツは生で食べるのが良いとされています。 また、ビタミンUは、冷蔵庫の中で保存するとより増えることがわかっています。

>>>意志が弱いほど“やせる”方法 【スーパーダイエット】<<<


■本サイト人気コンテンツ


★ キャベツダイエットの体験談
「毎夕食前にキャベツ1/4個をキムチの素をつけて食べ、二ヶ月目から効果が現れ始めました。7ヶ月で、83kgから66kgとなりました。運動等その他やっていません。 キャベツを・・・ 続きを読む

★ キャベツダイエットの注意点
キャベツダイエットは、キャベツを噛むことで満腹中枢を刺激するので、噛み応えのある角切りにすることです。よく添え物で出されるような千切りでは効果がありません。また・・・・ 続きを読む

★ リバウンドを防ぐには
人間の体は、不足分があると、それをより多く摂取しようとする働きがあります。このため、キャベツばかり食べていると、体は微量のたんぱく質や糖分でも吸収しようと過剰に働く・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 各種アレンジしてみよう!
★ キャベツスープダイエット
★ 食べる順番が重要です!
★ この食材をプラスしてみよう!
★ 老廃物を除去してくれる